実務・法令研究会【ホウケン】
 
     【事務局】
 〒110−0003
 東京都台東区根岸3-20-8
 行政書士みどり総合事務所
 実務・法令研究会【ホウケン】
 代表 行政書士 里 武一郎
   
(東京都行政書士会台東支部)
 TEL 
03-3873-9511

   【お申込方法】
@ メールにてお申込ください。
 ⇒ sato@midori-sogo.com
A ご芳名,所属会,支部名,電話
 番号を記載ください。

※ メール受信後,事務局からご
 連絡いたします。


  【会場アクセスマップ】
 
  
  【研修会開催予定】

* 現在、実施予定の研修会は
  ありません。
   
 【既に実施した研修会】

・第14回研修会(23.1.23)
 :「相続法の理論と実務」
  (その3)

・第13回研修会(22.11.28)
 :「相続法の理論と実務」
  (その2)

・第12回研修会(22.9.26)
 :「相続法の理論と実務」
  (その1)

・第11回研修会(22.7.25)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その8)

・第10回研修会(22.6.27)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その7)

・第9回研修会(22.5.23)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その6)

・第8回研修会(22.3.28)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その5)

・第7回研修会(22.2.28)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その4)

・第4回〜6回研修会
 (22.1.1〜1.3 正月特訓)
 :「民事実践研究」
   
   (正月特訓 講義風景)

・第3回研修会(21.11.22)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その3)

  
  (第3回研修会 講義風景)

・第2回研修会(21.10.11)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その2)

・第1回研修会(21.9.20)
 :「債権法改正の基本方針」
  を読み込む(その1)
         
         実務・法令研究会【ホウケン】のご紹介

 ○ 参加資格者は、自己に厳しく、絶えず能力向上を欲し、高い志を抱く現
   役行政書士のみとします。
 ○ 実務上の重要事項を確実に習得することを目指します。
 ○ 必要法令に関する、正確な知識と高度な論理を徹底学習します。
 ○ 一方的な講義とせず、参加者には常に「思考」と「即答」を求めます。
 ○ 研修会終了後の懇親会は実施せず、参加者には速やかな復習と反復
   学習を求めます。
 ○ 本研修会で培った能力を実務界で存分に発揮し、各自の業務を発展さ
   せ、社会からの信頼と尊敬を得ることを望みます。
 ○ 参加者には、苦しみ抜いた分を超える、大きな「自信」と「誇り」と「栄光」
   を掴み取ることを望みます。
                       
          既に実施した研修会の開催要項は次の通りです。
■第12〜14回 研修会 

・テーマ  「相続法の理論と実務」 
      @ 本研修会では、行政書士業務として重要な、遺言書・死因贈与
       契約書・死後事務委任契約書・遺産分割協議書その他の作成、
       並びに遺言執行及び受任業務遂行における実務上・理論上の重
       要事項を検討します。  
      A 常に基本概念・基本的な法理論に立ち返り、判例・実務上の運
       用を精密に検討することで、知識面・理論面の能力向上も目指しま
       す。
      B 相続業務を遂行する上で必要となる、財産法(物権・債権)の知
       識及び実務上の運用についても、随時取り上げ、検討します。
     
      ※ 前回に続き、「契約書作成の実践演習」も行います。

・ゼミ長  行政書士 里 武一郎(東京都行政書士会 台東支部)

・定員   6名

・その他 @必携図書(必ずご購入の上、持参ください。)
       ・六法(「ポケット六法」程度のもの)
       ・我妻榮・有泉亨・遠藤浩・川井健 著「民法3(第2版)」(勁草書房)
       *その他の必携図書は、追ってご連絡します。

      A参考図書(購入は不要ですが、学習用としてお勧めします。)
       ・東京弁護士会 相続・遺言研究部編
        「遺産分割・遺言の法律相談(改訂版)」(青林書院)
       ・NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク編著
        「実務解説 遺言執行」(日本加除出版)

       * レジュメ・資料のみの販売は致しません。ご了承ください。

■第1〜3回、7〜11回研修会(終了) 

・テーマ  「債権法改正の基本方針」を読み込む
       @ 本研修会は、「債権法改正の基本方針(別冊NBL NO.126)」を
        読み込むことによって、民法の基本知識を確認し高度な思考力と
        論理力を修得するための少人数制のゼミとして実施しました。
       A 「契約書」その他の書面作成技法に関しても随時触れ、取引の
        実情に応じた柔軟なアイデアを考え出すことを検討しました。

・ゼミ長  行政書士 里 武一郎(東京都行政書士会 台東支部)

・その他 @必携図書
       ・株式会社商事法務 発行の「債権法改正の基本方針(別冊NBL
        NO.126)」(民法(債権法)改正検討委員会編)
       ・六法(「ポケット六法」程度のもの)

      A参考図書(購入は不要ですが、学習用としてお勧めします。)
       ・奥田昌道 著「債権総論(増補版)」(悠々社)
       ・川井健・我妻榮・有泉亨 著「民法1(第3版)」(勁草書房)
       ・我妻榮・有泉亨・川井健 著「民法2(第3版)」(勁草書房)
       ・我妻榮・有泉亨・遠藤浩・川井健 著「民法3(第2版)」(勁草書房)

       * レジュメの販売は致しません。ご了承ください。


■第4〜6回研修会(終了) 

・テーマ  「民事実践講座」(平成22年度正月特訓)
       @ 本研修会では、主として「企業と消費者間」及び「私人間」におけ
        る契約書・内容証明等の文書作成業務をテーマとしました。       
       A 常に民法の基礎理論及び関連する関連する諸法令の文言に立
        ち返って事案を分析し、処理方法を考えました。

・ゼミ長  行政書士 里 武一郎(東京都行政書士会 台東支部)